中川ワニ珈琲


中川君は長電話友達です。
本人画家だと言っていますが、どのぐらい絵を描いているかについては言及しないことにしておきましょう。
副業として珈琲の焙煎をしています。
中川君の珈琲は美味しいです。梼原まで送ってもらってます。
でも当たり外れもあります。いや、普段は普通の、当たり、ぐらいで、大当たりと、たまーにちょっと外れがあるカモ?ぐらいかな。そのへん本人が解説もしてくれるので面白いです。
あ、基本的に極深煎りの豆です。
「いやー、他に誰か旨い豆煎ってくれるんだったらすぐ廃業する」と言ってしまう人な訳で、豆屋として商売に人生賭けちゃったりしてないので、豆の種類を指定したりできる訳じゃなく、注文すると、その時焼いた豆を送ってくれるシステムです。
多少好みによってこの人はこの豆、ぐらいの調整を本人はしているのかもしれない。
私はしょっちゅう浮気をして、良さそうな感じの豆屋があるとすぐ手を出してしまいますが、結局ワニ珈琲に戻ってしまいます。ワニもその報告を聞いて「そーだろそーだろ」と言っていたりするので、ちょっといじめたくなってしまいます。誰か旨い深煎り豆知ってたら教えて下さい。

NAKAGAWA WANI COFFEE




03-5966-7801


そうそう、私は「ワニは絵より文章の方が良さそう」と言っていたら本人泣き入ってたけど、丁度、書いてみないか?っていう話があって、なんか書いているらしいです。
なんか、って、言うのもなんだな。
「あれや、これやで。」っていうのの、第1稿読ませてもらっちゃった。
今5つ目ぐらいまで行ってるらしい。
(12water stories magazine summer issue---vol.1、P.133参照)
秋には読めるのかなぁ?

6dot.gif

●戻る●